ケム   HTMLの解説
 フレームページの更新とソースの表示法

HOME

  雑記  
  メモ  
  掲示板  
  SCRIPT  
  HTML  
  ├ 基本  
  ├ 前準備  
  ├ 保存  
  ├ 確認  
  ├ 更新  
  ├ 装飾  
  ├ リンク  
  ├ テーブル  
  ├ テーブル2  
  ├ フレーム  
  └ フレーム2  
  CSS  
  ├ 記述方法  
  ├ CSSファイル  
  └ テキスト  
  リンク  
  メール  
1.編集方法

フレームを設定するファイル(f_index.html)のソースを編集するには
ブラウザから編集する方法と直接メモ帳を開く方法があります。
個人的にはブラウザからの方が楽でいいと思うんですけど
こんなことも出来るってんで両方紹介しておきます。

まずはブラウザから表示させる方法。
ええと普通のファイルは右クリックからソースを表示できますよね。
でもフレームの場合、設定するファイルは表示されてないでしょ。
例えば左側(メニュー)で右クリックからソースを表示させると
当然ながら「f_left.html」のソースが表示されます。
で、どうやって表示するかっていうとメニューバーからです。
この方法は「更新」でも説明してます。

IEからソースを表示

次にマイコンピュータから開く方法。
目的のファイル(f_index.html)を選択します。
「右クリック」→「プログラムから開く」→「Notepad」
もし一覧にメモ帳が表示されてなかったら「プログラムの選択」から
メモ帳を探して選択してください。

ファイルからソースを表示


△ 上へ △

HOME  | 雑記  | メモ  | 掲示板  | SCRIPT  | HTML  | リンク  | メール